右側は倶利伽大龍
先日の大雪の前ですが、久しぶりに松戸方面に用があり、
その行き返りに松戸駅を通りました。

そこの線路の渡り廊下のショーウインドに
「波の伊八写真展」を展示していました。

画像を見ていただければお判りでしょうが、彫刻の写真です。
伊八センセは彫刻家のようですが(詳しくないもので)
その彫刻の写真なので写真展(おいおい)

いくつかの人物、動物、そして波・・・
それらを木の彫刻で表現されたもの・・・・

私が注目したのは画像右の倶利伽大龍。

龍が剣の呑み込んでいるように見える・・・・


仏教の不動明王が3Dの彫刻で表現される場合は自分の知る限り
シンプルな宝剣を右手に持っていますが2Dの仏画の場合、宝剣の場合と
剣に龍が巻き付いた倶利伽羅剣の2バージョンがあります。

3Dで表現された倶利伽羅剣とそれに巻き付く龍(倶利伽大龍)は無いものと
勝手に思い込んでいましたが、あったんですね・・・・


さすがにそれプラス不動明王の像は無いかな?・・・・


しかし、こーゆーのは燃える!



・・・あ、大雪の話ですか?
実は引き篭もっていました~~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gyokasuisin.blog92.fc2.com/tb.php/281-dc883c49