上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真横
先日11月22日日曜日は3ヶ月振りの秋葉原でした。

原稿の1ページに使用するための物です。
画像の左上にあるラフ描きがネーム。
このネームを具現化するためのシャーペン画ですが、この「真横」と云う構図は私もあまり描いた経験が無く
難しかったです。

3時間描いてこれだけとは・・・
しかも主観的には時間があっと云う間に過ぎてしまった。

まだ下半身が出来ていません。
このシャーペン画をPCに取り込み、描画ソフトで続きを描かねば・・・・・


さて、株投資は少しズルをしたけど(おい)
今年の目標はとりあえず達成かな?

新しく購入した株投資の本に書いてあった
「7年で資産を1億円に増やす」とか云うのに挑戦しようかと・・・

達成できない可能性もあるが、やはり挑戦だ。

馬鹿と思って嘲笑したい輩は嘲笑すればいいさ・・・
スポンサーサイト
漫画版フレッシュプリキュア!
今年の春先に「とらのあな」で購入したのですが、
TVアニメ版とはそれなりに内容が違います(月刊連載だからまあ当たり前か・・・)

やはり気になるのは「最初に敵幹部で、すったもんだの末にプリキュアになる」のパターンを最初に確立した
キュアパッション。

この漫画版でも主人公かよ~~~と突っ込みたくなるくらい扱いが大きい。

特にアニメでは無かった彼女の言葉、
「私は人々が憎かった・・・・」が重い・・・・・



なんとか時間を作ってもう一度彼女のイラストを描きたいものです~~~~~
只今視聴.

さて本日は有志数名と共に都内池袋にお出掛け、タイトルの映画を見てきました。
内容は基本原作通りですが、付け加えられたシーンと削除されたシーンが少々・・・・

ハロが動いていたうえに10歳未満のアムロの声を還暦越えの古谷徹氏、10代半ばのキャスバルを池田秀一氏(おいおい)

チャレンジャーな配役です。
ミライ・ヤシマも出番がありましたが、こちらは声優さんは若い方にバトンタッチされていました。

しかし地味なストーリーです。

次回は来年春公開。
そろそろ一年戦争に近づき、ドンパチシーンが増えてきますけどね。

楽しみにしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。